---- HardFloor ----
「Respect」

HardFloor 「Respect」
Label : HartHouse
価格: ¥2,000(税込)
発売日: 2010/1/20

1stアルバム「TB Resuscitation」のトランシーなアシッド・サウンドに、ファンキーなシカゴ・テイストが加わったこのアルバムは彼らの人気・地位を決定的なものとした。
数年経った今でもフロアで多くの人を熱狂させる「Mahagony Roots」、「Kangaroos & Bubbles」に加え、現在入手困難な『Respected Remixies』から、この2曲のリミックス・トラックをボーナス収録!
彼らが「Respect」するアーティストの名前(Marshall Je?erson、Derrick May等々)がギッシリ書き込まれている事も話題となったこの一枚。
今まで欲しくても手に入らなかった方はもちろん、既にオリジナル盤をお持ちの方やマニアの方も堪らぬ内容となってます!

★ハードフロア
オリヴァー・ボンツィオとラモン・ツェンカーの二人組、ハードフロアは1991年のシングル、「レット・ダ・ベース・ゴー/ワンス・アゲイン・バック」でデビューして以来、そのユニークな音作りで多くのファンを世界中にもつ。1992年の「ハードトランス・アクペリエンスEP」が第2次シカゴ・アシッドの火付け役として、シーンに大きな影響を与えた彼らは、93年にファーストアルバム「TBリサシテイション」を発表し、大きな話題を呼んだ。翌年94年にはセカンドアルバム「リスペクト」をリリース。 シングルカットの「マホガニー・ルーツ/カンガルー&バブルズ」はヨーロッパのクラブ・チャートで軒並みヒット。95年ハートハウスからリリースされたコンピレーション「ダークハーツ2」収録の「ペッパー・ペアルティ」を境に、今度はBPM100以下のエレクトロ・ファンク/ヒップホップへとそのスタイルを拡げつつ96年には3枚目のアルバム「ホームラン」を発表、シングル「ストライクアウト」と「ビーバス・アット・バット」が共にヒット。 手がけたリミックスも数多く、ニュー・オーダーやモーリ・カンテのリミックスをはじめ、その数は本人達でも把握できない程だ。 2009年、横浜アリーナにて開催されたアジア最大級の屋内レイヴ< WIRE09 >に石野卓球、KEN ISHIIらと共に出演

Copyright (c) 2009 R2 Lounge. All Rights Reserved.