]

---- DJ Yellow presents Mindz Kontrol Ultra ----
「13 Machines」

DJ Yellow presents Mindz Kontrol Ultra
「Ending of Times」
Label : Plastic City
価格: ¥2,000(税込)
発売日: 2010/2/10

90年代に”YELLOW PRODUCTIONS”を設立し、DIMITRI FROM PARISやSALOME DE BAHIA、日本人ユニットSilent Poetsなど数々の才能溢れるアーティストを世に送り出し、フレンチハウス・シーンを築き上げてきた男・DJ YELLOW。
そんな彼が、ポルトガルのテックハウス・デュオ”!Hi-Tech2”と組み、最先端のテックハウスを目指す新たなプロジェクトとして"MINDZ KONTROL ULTRA"を始動させた。

このプロジェクトでのリリースはまだ少ないにも関わらず、大御所Josh Winkや人気アーティストJoris Voornらもリスペクトし、DUBFIRE & LOCO DICEのMIX CD「Ten Years Cocoon Ibiza」にトラックが収録されるなど評価は高い。
ファンキーでフロア映え抜群の空間的シンセ・サウンド、そしてミニマルで深みのある音色をディープなテックハウス・グルーヴとして融合させたDJ YELLOWの先端サウンドをぜひ体感してください。
★DJイエロー
DJイエローことアラン・ホーはフレンチハウスの第一人者として世界中のフロアを沸かせ続けてきた。 ベトナム移民の両親の間に生まれたアランは貧困とドラックの冒されたパリ郊外で育つ。 兄の影響からブラックミュージックを好んで聴いていた。彼は当時からパリのレコード店へ幾度と無く通い、自然とクラブDJへの世界へ入っていった。 80年代からDJ活動し始めた彼は、次第にヨーロッパ各国、更にアジア、アメリカ、アフリカ諸国にまで活動の幅を広げるようになる。

そして1993年には、友人でありDjでもあるBob Sinclarと共にレーベル"Yellow Productions"を設立。 Disco/Jazz/Funk/Salsa等をクロスオーバーさせ、パリの気品漂うエキゾティックなラウンジ・アルバム「Sacre Bleu」が大ヒットした"Dimitri from Paris", ブレイクビーツをオーガニックなラウンジ・サウンドへと昇華させ,官能的かつ実験的なサウンドを展開する"Kid Loco"、 ラテンのリズムをベースにしながらも、JazzやElectroなど様々な音楽を歌いこなすブラジル生まれの歌姫"Salome de Bahia", そしてドラマティックで映像的な日本のラウンジ・シーンの第一人者"Silent Poet"など才能溢れるアーティストを次々に輩出していった。

活動も波に乗ってきた10年後にはYellow Productionsを離れ、2003年に自らのレーベル"poussez!"を設立。若手の育成を図るとともに、世界中をDJで回った経験と人脈からフランス国内の才能のみならず、ワールドワイドなコネクションをフルに駆使した活動を展開。デトロイト・テクノの重鎮、ケニー・ラーキンらと共にリリースを重ねる等、シーンの最先端で活躍し続けている。

Copyright (c) 2009 R2 Lounge. All Rights Reserved.