「Tales of the Unforgotten Melodies」 Wax Tailor

世界的なラッパー”Aceyalone”や人気ユニット”RJD2”等のサポートを務めて注目を浴び、今では母国フランスのみならずヨーロッパ各国で絶大な人気とカリスマを誇る存在となった天才ヒップホップ・DJ/プロデューサー”WaxTailor”のデビューアルバムの国内盤がリリース! ファンキーなヒップホップにジャジーでソウルフルな楽曲、そしてオーケストラ調のシネマチックな世界観を感じさせるトラック等々、ジャンルレスで独創的なサウンドを展開。ゲストラッパーや女性シンガーも参加し、実験的な試みしながらも高い完成度を誇るこのアルバムは、シネマティックHIPHOPとも称される。 注目すべきは、二曲目のQue Sera。A.ヒッチコック監督の映画「知りすぎていた男」の台詞と歌をサンプリングし、見事に表現。 ブルージーなダウンビートにメランコリックな女性ヴォーカルがしっとり絡む、ソウルクラシックと言っても過言では無いこの曲は ヨーロッパでリリースから4年の月日が経っても、未だに多くの人に愛されている名曲である。公式myspaceでは既に700万アクセス数を超える人気の"Wax Tailor"がブレイクするきっかけとなったこのアルバム。必聴です!

« Previous | Next »

:Wax Tailor:

Wax Tailorこと”JC Le Saout”はフランスのDJ/ヒップホップ・プロデューサー。 90年代の当初、Rapバンド”La Formule”を結成し自身のレーベル“Lab’oratoire” を設立。 バンドのCDプロデュースや、スウェーデンのバンド”Looptroop”らと共同でライブ活動等を行っていた。その後、フランス各地の様々な音楽フェスティバルに参加、ラジオ局でも曲が扱われるようになり序々に活動の幅を広げるようになる。 2000年代に入り、今まで所属していたバンドが解散。彼は個人で”Wax Tailor”という名のプロジェクトを開始する。そのスタイルはまるで映画監督が様々な俳優を扱い作品を完成させていくように、彼がミュージシャンやサンプリング音を巧みに扱い、楽曲を完成させて行くというものであった。 2005年にデビューアルバム『Tales Of The Forgotten Melodies』をリリース。 発売から8ヶ月で5万枚を記録し、ベストセラーとなった。フランスの人気FM”Radio Nova”で年間ベストアルバムの受賞も果たし、一躍時の人となる。 その人気はフランスのみでなくヨーロッパ各国でも広がるようになり、HIPHOP発祥の地アメリカでも序々にその評価は高まっている。 今後の活動から目が離せない注目のアーティストである。

« Previous | Next »

Label: Mole Listening Perls / R2 Lounge
Title: ティルス・オブ・ザ・アンフォゴットン・メロディース / Tales of the Unforgotten Melodies
Artist: ワックス・テイラー / Wax Tailor
曲目: 1.Behind The Curtain "Opening"
2.Que sera
3.Ungodly Fruit
4.Between Fellows
5.Hypnosis Theme (feat. Marina Quaisse)
6.Damn That Music Made My Day
7.Where My Heart's At (feat. The Others)
8.Birth of a Struggle
9.Am I Free
10.Ringing Score
11.I Don't Know
12.Out Dance (Feat. Charlotte Savary)
13.Stay Tuned
14.Walk the Line (feat. The Others)
15.A Woman's Voice
16.Don't You Remember
17.How I Feel
18.Behind The Disguise "Closing" (feat. Marina Quaisse)
Cat.No: R2ML-001
価格: ¥2,000(税込)
発売日: 2009.12.16
お問合せ: office@r2music.com

« Previous